/

サイバーソリューションズ、チャットサービス拡充

ソフトウエア開発のサイバーソリューションズ(東京・港、秋田健太郎社長)は25日、チャット形式のビジネスコミュニケーションサービスの提供を始めると発表した。同社のメールシステムを使う企業向けに10月からサービスを提供する。

提供するサイバーチャットは、同社が提供するメールサービス「サイバーメール」にオプション機能として搭載する。メールと同じアプリでサービスを提供するため、新たにアプリをダウンロードする必要がない。

コミュニケーションには、メールシステムの社員のアカウントを活用する。新たに社員がアカウントを持つ必要が無い上、連絡先の検索もしやすいという。

またシステム管理担当者側が管理するアカウント数は据え置くため、別のチャットサービスを導入するよりも手間がかからないという。

従来のチャットアプリは、メッセージの保存に上限が設けられていることが多く、やりとりがかさむと古いメッセージが消去されることもあった。サイバーチャットではメールと同様にチャット内容を保存する機能も提供。過去にさかのぼって不適切なやりとりがなかったかなどを確認するといった、コンプライアンス監査に活用できるという。

1アカウントあたり、税別200円の追加料金でサービスを利用できる。同社のメールサービスは、全国1万5千社が導入している。アカウント数は150万を超えるという。同社は、チャットサービスのアカウント数を19年に40万アカウントに、20年には200万アカウントまで伸ばしたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン