2018年11月17日(土)

湖の底に微細プラ粒子、海以外も汚染広がる 熊本

2018/6/25 17:18
保存
共有
印刷
その他

熊本市にある湖の底に、世界的に汚染が問題になっているプラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」が蓄積していることを熊本大の研究グループが25日までに突き止めた。海だけでなく、まだ研究が進んでいない国内の淡水域にも汚染が広がっていることを示す結果だ。

熊本市の江津湖で確認されたマイクロプラスチック=熊本大提供・共同

水辺で子供が使うポリプロピレン製のスコップが発生源の一つらしいとの実験結果もまとまり、グループは「マイクロプラスチックを出さないような遊具の開発が望ましい」としている。

熊本大の中田晴彦准教授と大学院生の恵良要一さんらは、熊本市内の江津湖の15地点で底泥を採取、マイクロプラスチックの量を調べた。

14地点から粒子が検出され、最も多い場所は泥1キロ当たり2091個が見つかった。中国の淡水湖の調査結果より1~2桁多く、ドイツのライン川やマイン川の底泥とほぼ同レベルで、世界的に見てもかなり多かった。最も少ない場所は同124個だった。

グループは、周辺で子供が頻繁に砂遊びをしていることに注目。江津湖の砂をおもちゃのスコップで最大30分間かき回す実験をした。すると、砂の中から多くのマイクロプラスチックが確認された。湖の底泥から見つかったのと形がよく似たものもあり、おもちゃが発生源の一つなっている可能性が判明した。

恵良さんは「マイクロプラスチックから生物に有害な添加剤などが溶け出す可能性もあるので、今後、詳しい調査が必要だ」と話している。

国内の淡水域は、琵琶湖の水や泥からマイクロプラスチックの検出が報告されているが、調査データが少ない。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報