2018年9月26日(水)

9/26 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  3. 3位: 東証10時 小安い、値がさ株の上げ支え 自動車は下げ目立つ
  4. 4位: 東証前引け 小幅続伸、値がさ株が押し上げ 配当落ち分を埋める
  5. 5位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,015.95 +75.69
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,010 +270

[PR]

NEXT1000

フォローする

中堅、競合少ない市場で稼ぐ 営業利益率の改善上位
NEXT1000

NEXT1000
(1/3ページ)
2018/6/25 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本経済のけん引役として期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、売上高営業利益率が前年度より高く改善した企業をランキングしたところ、エネルギーや医療、半導体関連の企業が上位に並んだ。業界大手が手をつけていない、特定分野に特化し高い収益を上げている企業が目立った。業界環境の変化に対応し、新しい事業領域の開拓や同業の買収にも貪欲だ。

1位 エプコ 省エネ支援、新たな柱に

 人口減少の逆風下で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム