/

日本もセネガルも 試合後、サポーターがごみ拾い

【エカテリンブルク=大元裕行】引き分けに終わったサッカーワールドカップ(W杯)の日本対セネガル戦。24日(日本時間25日未明)の試合終了後、両国のサポーターがそれぞれスタジアム内のごみを拾う珍しい光景がみられた。

日本サポーターは応援に使った青い袋をごみ袋に転用し、ペットボトルや紙コップを回収した。茨城県の会社員、倉持亮子さん(62)は今回が初めてのごみ拾い。「良い試合が見られただけでなく、対戦相手と一緒にごみ拾いをして、心もきれいになった気分」と満足そうだった。

セネガルのサポーターが陣取ったスタンドには試合終了とともに袋が配られ、多くの人がごみを拾った。応援グッズなどが散らばるスタンドは瞬く間にきれいに。ラキア・パスカルさん(30)は「日本が毎回試合後にごみ拾いをしていたのは知っていて、尊敬していた。我々も実践できてよかった」と話した。

日本サポーターはこれまでのW杯でもごみ拾いが海外メディアに取り上げられるなどしていた。19日の第1戦でも日本とセネガルのサポーターがそれぞれの会場でごみを拾う様子がネット上で取り上げられ、各国から称賛を集めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン