有料化Java SEの新ライセンス体系、米オラクルが公表

2018/6/25 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

米オラクル(Oracle)は2018年6月21日(米国時間)、Java SE(Java Platform, Standard Edition)のサブスクリプション方式のライセンス体系「Java SE Subscription」を発表した。価格はデスクトップ向けが1ユーザー当たり月額2.5ドル、サーバーやクラウド向けは1CPU当たり月額25ドル。契約年数は1年から。

日本における価格は同年7月以降に発表する予定。日本オラクルは「検討中だが米国と同じような価格帯になる」(広報)とする。

Java SE Subscriptionはセキュリティーパッチの提供といったサポートを含む。システム管理者が社内のパソコン上で稼働するJavaアプリのバージョンや互換性などを管理するツール「Java Advanced Management Console(AMC)」も使える。

オラクルはこれまでJava SEを無償で提供していたが、2018年9月にリリース予定のJava SE 11から有償にすると発表済み。また、同バージョンからリリースサイクルを変更し、6カ月ごとに新バージョンをリリースする。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 安藤正芳)

[日経 xTECH 2018年6月22日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]