/

現職最年少31歳の町長誕生 新潟・津南の桑原氏

任期満了に伴う新潟県津南町長選が24日投開票され、無所属新人の元町議会副議長桑原悠氏(31)が、元町職員半戸哲郎氏(67)ら無所属2新人を破り初当選した。7月9日に就任する。全国市長会、町村会によると、桑原氏は北海道江差町の照井誉之介町長(33)を抜き、現職町長で最年少となる。市町村長での現職最年少は大阪府四條畷市の東修平市長(29)。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン