/

日本、次戦引き分け以上で決勝Tへ セネガルに2-2

【エカテリンブルク=共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第11日は24日、エカテリンブルクなどで1次リーグ第2戦が行われ、H組で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は同27位のセネガルと2-2で引き分け、1勝1分けの勝ち点4とした。あと勝ち点1を取れば、他の試合結果にかかわらず、16チームによる決勝トーナメント進出が決まる。

19日の初戦で同16位のコロンビアを2-1で破る番狂わせを演じた日本は、第2戦は常に先行を許す厳しい展開。しかし、乾貴士(ベティス)と途中出場の本田圭佑(パチューカ)の得点で2度追い付く執念を見せ、貴重な勝ち点を確保した。H組のもう1試合はコロンビアが同8位のポーランドに3-0で快勝して勝ち点3を獲得し、16強入りに望みをつないだ。2敗のポーランドは敗退が決まった。

日本は、28日午後5時(日本時間午後11時)からボルゴグラードで行われる最終戦でポーランドに勝つか引き分ければ、2大会ぶり3度目のベスト16入りとなる。敗れても同時刻に始まるセネガル―コロンビアの結果次第で1次リーグを突破する可能性がある。

6大会連続出場の日本は2002年日韓大会、10年南アフリカ大会で決勝トーナメントに進んだ。

G組のイングランドはパナマを6-1で圧倒し、開幕2連勝。勝ち点6で並ぶベルギーとともにベスト16入りを決めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン