/

日本、セネガルと2-2 勝ち点4に

ロシアW杯

【エカテリンブルク=岸名章友】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日、エカテリンブルクなどで1次リーグを行い、H組の日本はセネガルと2-2で引き分けた。日本は1勝1分けの勝ち点4でセネガルと並び同組首位。2010年南アフリカ大会以来2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出に前進した。

前半を1-1で折り返した日本は71分にワゲのゴールでセネガルに勝ち越された。だが78分には途中出場の本田がゴールを決め、再び同点に追いついた。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキング61位の日本は19日の初戦で16位のコロンビアに2-1で勝った。27位のセネガルは初戦で8位のポーランドを2-1で下した。

日本は28日午後5時(日本時間午後11時)からボルゴグラードで行われる1次リーグ最終戦でポーランドと対戦する。勝つか引き分ければ、自力での1次リーグ突破が決まる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン