/

この記事は会員限定です

本気で強行か 米自動車関税、日本に交渉材料乏しく

WTO提訴も裁定に時間

[有料会員限定]

トランプ米大統領は本気で自動車の関税を上げるのではないか。日本政府内にはこんな心配が広がっている。米国は鉄鋼とアルミニウムの関税は各国の反対を意に介さず引き上げた。世界貿易機関(WTO)ルールを逸脱する一方的な関税引き上げは難しいとの見方があるものの、トランプ氏に翻意を促す交渉材料が少ないのも実情だ。

米国の真意を見極められる場が、7月に予定する新たな貿易協議「FFR」だ。茂木敏充経済財政・再生...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン