/

セネガルの役者、フランス仕込み 年代別代表も経験

セネガルはフランスと植民地・宗主国の間柄だった歴史を有する。そのつながりはサッカーにおいても選手や指導者の交流に反映されている。

イタリアのナポリでプレーするCBクリバリはフランス出身で、20歳以下(U-20)フランス代表でもグリーズマンらともプレーしている。A代表へ進むにあたり、親の国籍地であるセネガル代表を選んだ。

ポーランド戦で得点したFWニャンもU-17世代などでフランス代表として戦っている。選手の多くは移民の息子としてフランスで生まれ、同国の育成組織でサッカーを学んだ末に、欧州各国のビッグクラブへ巣立っていった。

セネガルの各選手は幼少時から身体能力任せにならず、規律も吸収している。「守備の意識が高く、連動もしている」と長友も驚くほどだ。「我々の勝因はディシプリン(規律)。フランスが我々を鍛えたのだ」。そう語るシセ監督本人も現役時はフランスでプレーした。セネガル代表主将として8強入りした2002年W杯ではフランス人のメツ監督に仕えた。これだけ人の交流が濃ければ、おのずとサッカーのスタイルや実力も「世界基準」に近づいていく。

枠に収まりきらない驚異的な身体能力の一方で、組織力としての意思統一や集中力に欠ける。ひとたび崩れ始めるともろい。これまでアフリカ勢にはそんなレッテルも貼られてきたが、セネガルにその印象は薄い。戦術やトレーニング理論が瞬時に駆け巡るグローバル時代、アフリカは決して未開の地ではない。逆にフランスの新星FWエムバペは親がカメルーン生まれ、MFポグバも親はギニア出身と、人材の多様化も進む。

日本が立ち向かう難敵は、アフリカ勢というより「第2のフランス」と考えた方がいい。(岸名章友)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン