2019年6月20日(木)

最新ニュース

フォローする

セネガルの役者、フランス仕込み 年代別代表も経験

2018/6/23 22:24
保存
共有
印刷
その他

快速の点取り屋ニャンはU-17世代などでフランス代表として戦っている(19日のポーランド戦)=ロイター

快速の点取り屋ニャンはU-17世代などでフランス代表として戦っている(19日のポーランド戦)=ロイター

セネガルはフランスと植民地・宗主国の間柄だった歴史を有する。そのつながりはサッカーにおいても選手や指導者の交流に反映されている。

守りの要クリバリはフランス出身(19日のポーランド戦)=ロイター

守りの要クリバリはフランス出身(19日のポーランド戦)=ロイター

イタリアのナポリでプレーするCBクリバリはフランス出身で、20歳以下(U-20)フランス代表でもグリーズマンらともプレーしている。A代表へ進むにあたり、親の国籍地であるセネガル代表を選んだ。

ポーランド戦で得点したFWニャンもU-17世代などでフランス代表として戦っている。選手の多くは移民の息子としてフランスで生まれ、同国の育成組織でサッカーを学んだ末に、欧州各国のビッグクラブへ巣立っていった。

セネガルの各選手は幼少時から身体能力任せにならず、規律も吸収している。「守備の意識が高く、連動もしている」と長友も驚くほどだ。「我々の勝因はディシプリン(規律)。フランスが我々を鍛えたのだ」。そう語るシセ監督本人も現役時はフランスでプレーした。セネガル代表主将として8強入りした2002年W杯ではフランス人のメツ監督に仕えた。これだけ人の交流が濃ければ、おのずとサッカーのスタイルや実力も「世界基準」に近づいていく。

枠に収まりきらない驚異的な身体能力の一方で、組織力としての意思統一や集中力に欠ける。ひとたび崩れ始めるともろい。これまでアフリカ勢にはそんなレッテルも貼られてきたが、セネガルにその印象は薄い。戦術やトレーニング理論が瞬時に駆け巡るグローバル時代、アフリカは決して未開の地ではない。逆にフランスの新星FWエムバペは親がカメルーン生まれ、MFポグバも親はギニア出身と、人材の多様化も進む。

日本が立ち向かう難敵は、アフリカ勢というより「第2のフランス」と考えた方がいい。(岸名章友)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]