2019年7月19日(金)

地震後初の週末 ボランティアら片付けに汗

2018/6/23 19:38
保存
共有
印刷
その他

大阪府北部で震度6弱を記録した地震の被災地は23日、初めての週末を迎え、全国から集まった多くの会社員や学生らがボランティア活動に参加、大きな被害を受けた大阪府高槻市や茨木市でがれきの清掃や住宅内の後片付けに汗を流した。

廃棄するため家財を運び出すボランティア(23日、大阪府茨木市)

茨木市社会福祉協議会の災害ボランティアセンターには23日午前から計300人以上の学生や会社員が訪れ、被災した住宅などに向かった。

「困っている人を助けたい」と参加した茨木市の大学生、小山翔平さん(25)は同市内にある一人暮らしの友永弘子さん(80)宅へ。倒れた本棚を廃棄するため外に運び出したり、散乱したガラスの破片を処分したりする作業に追われた。

「足が悪くて一人じゃ何もできないから助かった」と友永さん。小山さんは「役に立ててよかった」と笑顔を見せた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。