2018年7月16日(月)

三菱重、商船を縮小 祖業の地・長崎の建造半減

自動車・機械
九州・沖縄
2018/6/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三菱重工業が商船事業を縮小する。主力の液化天然ガス(LNG)運搬船が韓国勢との価格競争で収益が悪化しており、香焼工場(長崎市)における建造の比率を半減し、クレーンなど生産設備の削減も検討する。三菱重工の長崎における造船は祖業だが、商船は世界的な供給過剰のため日本勢は事業の縮小や見直しを急ぐ。

 香焼工場はLNGと液化石油ガス(LPG)運搬船を主に手がけ、年間4隻程度を建造する。2020年までに同工…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報