2018年7月20日(金)

ゲーム依存、治療進展へ一歩 WHO「精神疾患」認定

政治
社会
2018/6/23 21:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 生活に支障をきたすほどオンラインゲームなどに没頭する依存状態を、世界保健機関(WHO)が国際疾病分類(ICD)の改訂で「ゲーム障害」として精神疾患に位置づけた。先進国で若者のゲーム依存が深刻になっていることが背景にある。治療施設が少ない中、疾病認定で実態の把握と治療法の進展への期待が高まるが、過剰診断の恐れもあり、業界団体は見直しを求めている。

 政府はWHOの認定を受け、慎重に対応する構えだ。菅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報