/

この記事は会員限定です

上場企業の4社に1社、監査等委員会設置会社に

[有料会員限定]

「監査等委員会設置会社」に移行する上場企業が増えている。過去1年で約1割増え、6月末時点で4社に1社に相当する900社弱に達する見通しだ。監査等委員会設置会社なら社外取締役を確保しやすくなるメリットがあるためだ。ただ、より高いレベルの企業統治を求める声も投資家などからは出ている。

JXTGホールディングス九州電力などが6月開催の定時株主総会後に移行する。監査等委員会設置会社は15年の会社法改正で導入された。社外取締役主体の監査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り450文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン