最新ニュース

フォローする

コスタリカ1次リーグ敗退 前回ベスト8再現ならず

2018/6/23 8:00
保存
共有
印刷
その他

後半、ゴール前でブラジルのカゼミロ(中央手前)と競り合うコスタリカのGKナバス=三村幸作撮影

後半、ゴール前でブラジルのカゼミロ(中央手前)と競り合うコスタリカのGKナバス=三村幸作撮影

「我々には戦略もプランもあった。ブラジルをコントロールできていた時間もあったのだが……」。コスタリカのラミレス監督は無念やるかたないといった表情。ブラジルからもぎ取る勝ち点はスイスとの最終戦に1次リーグ突破を懸けられることを意味した。そのために心血を注いだが、追加タイムの失点ですべてが水泡に帰した。

名GKナバスの前に5人のDF、その前に4人のMFを並べる陣構えはおなじみのもの。攻撃は1トップのウレニャの一騎駆けに、お供が2人付き従えば上々といったあんばい。それでも、前回のブラジル大会で5試合5得点2失点で8強入りした堅守は、この日も十分にブラジルを苦しめた。

13分にボルヘスが絶好機にフリーのシュートを外した。チャンスらしいチャンスはおそらくこれくらいだったろう。生命線の守りもエネルギーの消費とともに、攻撃後の戻り遅れが目立つようになり、ブラジルの速攻を浴びるようになった。

6分という長めの追加タイムも傷んだ選手の治療時間を主に加算されたもの。終わってみれば刀折れ、矢尽き、落城の感は否めない。

(サンクトペテルブルク=武智幸徳)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]