最新ニュース

フォローする

対セネガル、仏で磨いたダイナミズム SB酒井宏

2018/6/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

セネガル戦に向け、調整する酒井宏(右)=共同

セネガル戦に向け、調整する酒井宏(右)=共同

【エカテリンブルク=岸名章友】日本代表は22日、24日午後8時(日本時間25日午前0時)からのセネガル戦へ向けて試合会場のエカテリンブルクに移動した。歴史でもサッカーでもフランスと縁が深いセネガルの強みがスピードあふれる攻撃やカウンター。「スペースが生まれたとき、どれだけ仕事をさせないか」。マルセイユでフランスのサッカーに触れている酒井宏の感覚を、セネガル対策に生かしたい。

セネガルの速さを物語るデータがある。日本の1次リーグ初戦でトップスピードが時速30キロメートルを超えたのは原口と長友の2人で、原口がただ1人同32キロメートル台に達した。セネガルは初戦で時速30キロメートル以上のトップスピードを出したのがマネなど4人おり、FWのニャンとサルはそれぞれ同32.62キロメートル、同32.40キロメートルという瞬発力を示した。前方さえ開ければFW陣は疾風のごとく襲いかかる。

腰が引けて下がるのもよくないが、両SBは特に自分の背後を空け過ぎないよう細心の気配りが必要になる。「(ボールを)取り切れないなら遅らせる、位置によってはファウルででも。守備は激しくやりつつも冷静に」と酒井宏は念を押す。

柏から欧州へ巣立ち、マルセイユで2年連続30試合以上出場とフランスの水にも慣れた。攻めも守りも欧州基準に照らして見劣りしないダイナミズムがある。アフリカ系選手とぶつかり、食い止めるのも日常のこと。ただ、そうしたつわものを相手にするのに「慣れることはない」という。「身体能力が高いなかでもそれぞれ特徴は違い、ピッチで瞬時に判断するしかない。速いなら自分の前でボールを持たせるなど、相手へのチェックの仕方を(試合中に)自分で切り替えなければ」

前で持ってくれているうちはトップスピードで裏へ抜けられるリスクは少ない。駆け引きを駆使し、頭も働かせて速さを殺す。外国人FWのそんな手なずけ方を日々の対戦から学んできたのだろう。生来の恵まれた体格に加えて体任せでない守り方を身につけたなら頼もしさは増す。知的に感化されてフランスサッカーのエッセンスを吸収した選手なら、セネガルだけでなくここにもいる。

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

日本代表のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]