/

将棋王座戦、藤井七段が4強入り 深浦九段を破る

史上最年少でのタイトル挑戦を目指す藤井聡太七段(15)が22日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で指された第66期将棋王座戦(日本経済新聞社主催)の本戦トーナメント2回戦で深浦康市九段(46)を破り、ベスト4に進出した。中村太地王座(30)への挑戦権の獲得まであと2勝となった。7月6日に大阪市の関西将棋会館で斎藤慎太郎七段(25)と準決勝を戦う。

将棋王座戦の準決勝進出を決めた藤井七段(22日午後、東京都渋谷区)

対局後、藤井七段は「序盤から一手一手難しい将棋だった。ここまで来ることができたので次の対局も全力を尽くしたい」と話した。A級棋士の深浦九段は本戦1回戦で前王座の羽生善治二冠(47)を破っていた。

タイトル挑戦の最年少記録は17歳、獲得は18歳で、いずれも屋敷伸之九段(46)が持っている。王座戦に今期初めて参加した藤井七段は1次予選から8連勝しており、挑戦権を獲得して今秋の五番勝負に登場すればタイトル挑戦の最年少記録を塗り替える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン