2019年9月16日(月)

G大阪がシャワー開放 被災者支援、パナスタ

2018/6/22 22:09
保存
共有
印刷
その他

サッカーJ1のガンバ大阪は22日、大阪府北部で発生した地震の被災者支援の一環として、同府吹田市の本拠地「パナソニックスタジアム吹田」のシャワールームを無料開放した。

サッカーJ1のG大阪が無料開放したシャワールームを利用し、笑顔の大阪府茨木市から来た親子連れ(22日午後、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田)=共同

せっけんやシャンプーなどはガンバ大阪選手会が準備。訪れた同府茨木市の会社員、長谷悠樹さん(28)は「水や電気ポットのお湯で体を拭くだけだったので全然違う。気持ちよかった。夜勤前にさっぱりした」と笑顔で話した。

ガンバ大阪は「GAMBAろう・北摂!」のスローガンで、被災した人をサポート。無料開放の期間は30日まで。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。