2019年1月17日(木)

北海道知事 IR誘致「適切に判断」

2018/6/22 22:00
保存
共有
印刷
その他

北海道の高橋はるみ知事は22日の道議会で、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致について「時機を逸することなく適切に判断する」と述べた。IRを巡っては関連法案が19日に衆院を通過。道は法案の審議状況を見極めながら、法案成立後をめどに誘致に乗り出すかどうか判断する。

高橋知事はIRについて「観光振興や地域経済の活性化などが期待される」とする一方、「ギャンブル依存症などの影響も懸念される」とした。道は国会での法案審議や、誘致を目指す他の自治体や民間事業者らの動向も注視しながら判断していく。

高橋知事は「議会や有識者の意見を聞きながら、道にふさわしいIRのあり方や優先すべき候補地などの検討を進める」と述べた。道内では苫小牧市と留寿都村、釧路市が誘致に意欲を示していて、道は今後、候補地の一本化を進める方針だ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報