北海道・留萌、異業種で働き手融通 モデルづくり賛否
(列島追跡)

2018/6/25 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国より速いペースで人口減少と少子高齢化が進む北海道。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、2045年時点の道内の労働力人口(15~64歳)は193万人と15年に比べ40%減る。危機感から道と経済産業省は留萌地域で農林水産や食品加工、建設など業界を越えた働き手融通のモデルづくりに着手した。ただ、例のない取り組みに地元でも賛否が分かれ、定着のハードルは高い。

「(地域の中核である)留萌市だけでも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]