2018年11月13日(火)

はやぶさ2、小惑星「りゅうぐう」到着へ

科学&新技術
2018/6/26 6:30
保存
共有
印刷
その他

日本の無人探査機「はやぶさ2」が小惑星「りゅうぐう」に27日到着し、壮大な謎に迫る挑戦を始める。地球から3億キロメートル離れた先に、太陽系の生い立ちや生命の起源を探る手がかりはあるのだろうか。これまでの道のりを振り返る。

■太陽系の「タイムカプセル」

はやぶさ2が約3年半かけてたどり着いた小惑星「りゅうぐう」。太陽系が誕生した46億年前の状態を残す「タイムカプセル」だ。

はやぶさ2が6月24日に撮影した「りゅうぐう」の画像(JAXA提供)。ほぼ球形とみられていたが、くるくると回るコマのような形にプロジェクトチームから驚きの声が上がった。

はやぶさ2が6月24日に撮影した「りゅうぐう」の画像(JAXA提供)。ほぼ球形とみられていたが、くるくると回るコマのような形にプロジェクトチームから驚きの声が上がった。

■謎多き小惑星が相手、緊張感漂う管制室

りゅうぐう到着が間近に迫ってきた。りゅうぐうは地球からの観測が難しく、その素顔は多くの謎に包まれている。はやぶさ2を慎重に誘導する管制室には、緊張感が漂う。

はやぶさ2を運用する管制室。中央のスクリーンには、小惑星「りゅうぐう」の最新画像が表示されている(6月24日、神奈川県相模原市の宇宙科学研究所)

はやぶさ2を運用する管制室。中央のスクリーンには、小惑星「りゅうぐう」の最新画像が表示されている(6月24日、神奈川県相模原市の宇宙科学研究所)

■滞在は1年半 試される極限の技術

りゅうぐう滞在は2019年末に離れるまでの1年半。表面に降り立ち、有機物や水分を含むとされる物質を拾い上げる。探査は、極限の技術が求められる。

■「人類初の挑戦。最初にやり遂げることに価値」

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一プロジェクトマネージャは「小惑星に生命の起源を探しに行くのは人類初の試み。最初にやり遂げることに価値がある」と話す。

2014年8月、JAXAは「はやぶさ2」の機体を公開した。本体の大きさは縦1.25メートル、横1メートル、奥行き1.6メートルで、重さは約600キロ

2014年8月、JAXAは「はやぶさ2」の機体を公開した。本体の大きさは縦1.25メートル、横1メートル、奥行き1.6メートルで、重さは約600キロ

■6年の旅路が始まった

地球とりゅうぐうを往復する6年の旅路は種子島宇宙センター(鹿児島県)から始まった。

2014年12月3日、はやぶさ2はH2Aロケットで打ち上げられた。約3億キロ離れた小惑星への旅に出た(種子島宇宙センター)

2014年12月3日、はやぶさ2はH2Aロケットで打ち上げられた。約3億キロ離れた小惑星への旅に出た(種子島宇宙センター)

■往路に3年半 地球の重力で進路変更

りゅうぐうへの道のりは往路だけで約3年半かかる。2015年12月には、ハワイのはるか上空に最接近。地球の重力を生かして進路を変更し、りゅうぐうへ向かう軌道に入った。

りゅうぐうに向かうはやぶさ2のイメージ(JAXA提供)

りゅうぐうに向かうはやぶさ2のイメージ(JAXA提供)

■「地球のみなさん、行って参ります」

2015年12月、JAXAは「みなさまへ」と題するメッセージを発表した。「これより地球を離れます。それでは地球のみなさん、行って参ります」

地球に別れを告げる際に撮影した。気象衛星では撮りにくい南極大陸が中央右に見える(JAXA提供)

地球に別れを告げる際に撮影した。気象衛星では撮りにくい南極大陸が中央右に見える(JAXA提供)

■はやぶさ2の「目」 りゅうぐうの素顔を見抜く

はやぶさ2の目となるカメラ。りゅうぐうの素顔をカラーでとらえる。

りゅうぐうをとらえ、確実に接近するのにも威力を発揮した(JAXA提供)

りゅうぐうをとらえ、確実に接近するのにも威力を発揮した(JAXA提供)

■初代はやぶさ、世界に感動の渦

7年間の宇宙の旅を終え、帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルなどが一般公開され、当時たくさんのファンがその姿を一目見ようと詰めかけた(2010年8月、東京・丸の内)

7年間の宇宙の旅を終え、帰還した小惑星探査機「はやぶさ」のカプセルなどが一般公開され、当時たくさんのファンがその姿を一目見ようと詰めかけた(2010年8月、東京・丸の内)

はやぶさ2は、エンジンの故障や通信途絶など幾多の困難を乗り越え、2010年に地球へ帰還した「はやぶさ」の後継機。初代はやぶさは、大気圏で燃え尽きながらも、小惑星「イトカワ」の微粒子を収めたカプセルをオーストラリアの砂漠に落下。世界中に感動を巻き起こした。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報