/

この記事は会員限定です

稲庭うどん生産1.5倍に 佐藤養助商店、手作り変えず

[有料会員限定]

稲庭うどん製造販売の佐藤養助商店(秋田県湯沢市)は同市の総本店隣接地に新工場を建設する。うどんを手作りする工程は変えずに、運搬や乾燥を自動化する設備を導入する。少子高齢化で人材確保が難しくなると判断、効率化により若者が魅力を感じる職場をつくる狙いだ。総額11億5000万円を投じる。

新工場の敷地面積は1万1000平方メートルで、鉄骨2階建てで延べ床面積は2800平方メートル。整地作業などに着手し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン