2019年8月23日(金)

8/23 9:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,692.18 +64.17
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,650 +30

[PR]

主要企業ニュース

フォローする

JPHD社長再任、米投資助言2社賛否割れる

2018/6/22 18:32 (2018/6/22 19:45更新)
保存
共有
印刷
その他

保育大手のJPホールディングス(HD)が28日に開く株主総会に向け、荻田和宏社長の取締役再任を求める会社提案について米国の議決権行使助言大手2社の賛否が割れていることが22日分かった。筆頭株主の投資ファンドは再任に反対しており、株主総会は波乱含みの展開になりそうだ。

米議決権行使助言会社のインスティテューショナル・シェアホルダー・サービシーズ(ISS)は荻田社長の取締役再任に反対推奨した。一方で筆頭株主の投資ファンド、マザーケアジャパン(東京・渋谷)の坂井徹代表の取締役就任は賛成推奨した。ISSは投資家に宛てたリポートで「坂井氏は不正に対処していくと期待する」としている。

米議決権行使助言会社のグラスルイスは荻田社長再任に賛成を推奨したが、マザーケアの坂井氏の就任は反対を推奨した。投資家向けリポートで「マザーケアとの対立拡大を防ぐには現体制を維持すべきだ」としている。

マザーケアはJPHD株の28%強を握る。マザーケアとJPHDは経営方針を巡って対立を深め、4月には過去の臨時株主総会で不正があったとしてマザーケアがJPHDに損害賠償を求める訴訟を起こした。坂井氏は「企業統治の再構築には荻田社長の解任が不可欠だ」と話している。

投資助言会社は機関投資家に株主総会の議案に賛成するか、反対するかの推奨をする。JPHDは「当社の考えは招集通知に記載している。株主の理解を求めていきたい」(広報課)としている。

主要企業ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。