/

この記事は会員限定です

高血圧、アプリで治療 キュア・アップなど開発

[有料会員限定]

あなたの血圧、スマホが拝見。治療用アプリ開発のキュア・アップ(東京・中央、佐竹晃太社長)は自治医科大学と共同であらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、患者負担を医薬品を使うより抑えられる高血圧の治療アプリを開発する。2021年度の発売を目指し、このほど同大学と臨床研究を始めた。国内の高血圧の医療費は15年度で1兆8000億円と、糖尿病(同1兆2000億円)などに比べても財政を圧迫している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン