高血圧、アプリで治療 キュア・アップなど開発

2018/6/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

あなたの血圧、スマホが拝見。治療用アプリ開発のキュア・アップ(東京・中央、佐竹晃太社長)は自治医科大学と共同であらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用し、患者負担を医薬品を使うより抑えられる高血圧の治療アプリを開発する。2021年度の発売を目指し、このほど同大学と臨床研究を始めた。国内の高血圧の医療費は15年度で1兆8000億円と、糖尿病(同1兆2000億円)などに比べても財政を圧迫してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]