セイコーウオッチ「優美さ」が開く世界への扉
半世紀ぶり新機構を開発

2018/6/25 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セイコーウオッチは高級機械式時計で約50年ぶりとなる新機構を開発した。ムーブメント(駆動部分)を極限まで小型化している。これを高級ブランド「グランドセイコー」に搭載した新製品を9日から売り始めた。スマートウオッチをはじめ新潮流を迎える業界で「匠」の技を磨く。セイコーが狙う新たな高みを追った。

18金のピンクゴールドの時計本体や白の文字盤にはダイヤモンド49個がちりばめられ、バンドはボルドー色(暗…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]