2018年7月16日(月)

ジャニーズ商標権侵害容疑 チケット転売会社書類送検

社会
2018/6/22 13:15
保存
共有
印刷
その他

 チケット転売の仲介サイト「チケットキャンプ」で「ジャニーズ」の名称を無断で使用したとして、兵庫県警は22日、法人としてのサイト運営会社「フンザ」(東京)と笹森良元社長(38)ら3人を商標法違反(商標権侵害)の疑いで書類送検した。

 県警が昨年12月、同法違反容疑でフンザを家宅捜索し、同サイトは今年5月末に閉鎖した。

 送検容疑はジャニーズ事務所から名称使用の許可を得ずに、所属アイドルのコンサート情報をまとめたウェブサイト「ジャニーズ通信」を運営してチケットキャンプに誘導し、「ジャニーズ」の商標権を侵害した疑い。

 フンザは交流サイト(SNS)「mixi」で知られるミクシィ(東京)の子会社。京都府警が今年1月、歌手の安室奈美恵さんの公演チケットを転売目的で不正に入手したとして、笹森元社長と転売業者を詐欺容疑で書類送検。その後、起訴猶予となった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報