大阪北部地震で倒壊の塀、資格ない職員が安全判断 高槻市

2018/6/22 13:05
保存
共有
印刷
その他

大阪府北部で起きた震度6弱の地震で、高槻市立寿栄小4年の三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した事故で、市教育委員会は22日に記者会見し、専門家の指摘を受けて点検した職員が建築士などの資格を持っていなかったことを明らかにした。簡易検査のみで安全性を判断し、建築基準法に違反している状況も把握できなかったという。

記者会見で謝罪する高槻市教育委の樽井弘三教育長(中)ら(22日午前、大阪府高槻市)

樽井弘三教育長は「事故を防ぐことができず痛恨の極み。亡くなった児童の冥福を祈り、家族におわび申し上げる」と謝罪。簡易検査で安全性に問題はないと判断したことについては「認識が甘かった」と話した。

市教委などによると、防災アドバイザーの吉田亮一氏(60)が2015年11月に同小で講演した際、ブロック塀の危険性を学校側に指摘。吉田氏は1カ月後に改めて学校にメールを送り、建築基準法の改正(1981年)前につくられたブロック塀には「特に注意が必要」と強調した。

市教委は学校からの依頼を受け、16年2月に職員2人が目視や打音による簡易検査を実施。塀には劣化やひび割れ、傾きなどは確認されず「問題なし」と判断した。2人とも技術職の職員だったが資格などはなく、塀を固定する「控え壁」がないなど建築基準法に違反する状況には気付かなかったという。

吉田氏は22日、取材に応じ「専門家によるしっかりとした調査が行われていれば、三宅さんの命は守れたはずだ。学校側は危機感を持って備える必要があったのに、対応は不十分だったと言わざるをえない」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]