楽天、すかいらーく系とポイントサービスで提携

2018/6/22 23:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

楽天は2018年6月21日、すかいらーく子会社で外食事業を手掛けるトマトアンドアソシエイツとポイントサービスで提携したと発表した。トマトアンドアソシエイツが運営する飲食店でカードやアプリを提示すると、楽天のポイントがたまる。すかいらーくでは、主力業態でファミリーレストランの「ガスト」などがカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「Tポイント」に加盟しており、つばぜり合いが激しくなってきた。

18年7月18日から、トマトアンドアソシエイツが運営する「バラエティ ダイニングハウス トマト&オニオン」と「焼肉レストラン じゅうじゅうカルビ」の一部店舗で、支払い時にカードやアプリを提示すると「楽天スーパーポイント」がたまる。8月には対象を全店舗に拡大する予定だ。

共通ポイントを巡っては、楽天やCCCなどとの間で加盟店の獲得競争が激しくなっている。楽天は18年6月11日、スポーツ用品を販売するアルペンともポイントで提携。来春から、スポーツ用品店「スポーツデポ」など400店超で楽天スーパーポイントがたまるようになる。アルペンは06年からTポイントに加盟しており、楽天スーパーポイントの採用をきっかけに、Tポイントの取り扱いをやめる見込みだ。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 山端宏実)

[日経 xTECH 2018年6月21日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]