/

この記事は会員限定です

あえて石炭火力 三菱日立PS、覚悟の落ち穂拾い

高効率発電に活路 残存者利益狙う

[有料会員限定]

火力発電機器大手の三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が賭けに出た。世界的な環境意識の高まりから石炭への逆風が強まる中、あえて最新鋭の石炭火力発電機器向け製造設備を新設した。米ゼネラル・エレクトリック(GE)や独シーメンスといったライバルが軒並み石炭から天然ガスへと軸足を移しているのに対し、逆張りに打って出た背景には、残存者利益を狙うしたたかな戦略がある。

逆風の中あえて投資

22日午前、MHPS...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン