マグナ、48Vマイルドハイブリッド用のトランスファー

2018/6/22 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

(出所:マグナ・インターナショナル)

(出所:マグナ・インターナショナル)

カナダの自動車部品大手、マグナ・インターナショナルは48Vマイルドハイブリッド用のトランスファー「etelligentDrive eDS 48V High Performance System」を2018年6月14日に発表した。トランスファーは、トランスミッションに接続してエンジンの出力を前輪と後輪に分配する装置。etelligentDrive eDSは、マイルドハイブリッド車を4輪駆動にできるトランスファーで、2輪駆動システムと比べて燃費が良く、二酸化炭素排出量を最大10%削減できるという。

マグナは欧州で採用が広がる48Vマイルドハイブリッドシステムに対応できる部品のラインアップを拡張しており、etelligentDrive eDSもその1つ。自動車メーカーは、48Vマイルドハイブリッドシステムを既存のドライブトレーンのレイアウトへ容易に組み込めるようになる。

(ライター 櫛谷さえ子)

[日経 xTECH 2018年6月21日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]