/

自宅サーバーを手軽に構築 ベンチャーが新OSを出荷

日経クロステック

ベンチャー企業のワッフルコンピュータは2018年6月21日、自宅サーバーを手軽に構築できる基本ソフト(OS)「Waffle Cell v2」の出荷をハードメーカーに向けに開始した。野手正之社長は「現状では、自宅サーバーを立てるのは一部のマニア層に限られているが、パソコンが一般に広く普及したように、今後はより多くの人が個人的にサーバーを構築するようになるだろう。Waffle Cellはその先駆けになる」と話す。

ワッフルコンピュータの野手正之社長

Waffle Cell v2はLinuxベースのOS。特徴はファイルサーバーや仮想デスクトップ、ブログ、メールサーバー、グループウエア、掲示板、VPN構築、テレビ会議といった機能を持つオープンソースなどを、簡単な操作でインストールしたり設定したりできることだ。これにより、「クラウド事業者のサービスを利用して個人データを他人に預けることなく、ファイルサーバーや仮想デスクトップを使うことができる」(野手社長)。

アイ・オー・データ機器が開発・検証中のWaffle Cell v2搭載サーバー

現在、Waffle Cell v2を搭載したハードの開発・検証を進めているメーカーは4社。NECプラットフォームズ、アイ・オー・データ機器、パソコンショップの「ドスパラ」を運営するサードウェーブ、小型パソコンの製造を手掛けるピノーだ。早ければ年内にも、各メーカーからWaffle Cell v2搭載サーバーが販売される見通し。

前バージョンのWaffle Cell v1は検証段階の製品で、今回の同v2が初の正式版となる。ワッフルコンピュータは、パソコンソフト「直子の代筆」の開発を手掛けるテグレット技術開発の関連会社である。

(日経 xTECH 矢口竜太郎)

[日経 xTECH 2018年6月21日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン