/

ミサイル避難訓練を当面中止 菅官房長官が発表

菅義偉官房長官は22日の閣議後の記者会見で、政府が実施する北朝鮮の弾道ミサイル発射に備えた住民の避難訓練を当面は中止すると発表した。12日の米朝首脳会談を踏まえ「住民参加型の訓練は当面、見合わせる」と述べた。「全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達の方法や弾道ミサイル落下時の行動の周知に重点を置いて取り組む」と話した。

菅氏は「自治体独自でやるところは国で(中止の)方向性を指示することはない」とも語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン