新燃岳で爆発的噴火 4月5日以来 - 日本経済新聞
/

新燃岳で爆発的噴火 4月5日以来

(更新)

22日午前9時9分、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)で爆発的噴火が発生した。気象庁によると、噴煙は火口から2600メートルまで上がり、大きな噴石が火口中心から1.1キロまで飛散した。爆発的噴火は4月5日以来。

気象庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を維持し、火口から約3キロの範囲で噴石の飛散に、約2キロの範囲で火砕流に警戒するよう呼び掛けている。

宮崎、鹿児島両県によると、これまでにけが人や家屋損壊などの被害は確認されていない。宮崎空港と鹿児島空港の発着便にも影響は出ていない。宮崎地方気象台(宮崎市)で、体にわずかに感じる程度の空振を観測した。

新燃岳では3月6日に7年ぶりの爆発的噴火が起きて以降、活発な火山活動が続いている。今月17~19日に100回以上の火山性地震が観測されていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません