/

この記事は会員限定です

「起業の都」再び 京都に集まる資金・人材

スタートアップ#京大(上)

[有料会員限定]

京セラ日本電産など個性的な企業を生み出した京都で、もう一つの顔・京都大学と企業の関係が変わってきた。従来は共同研究が中心だったが、小回りの利くスタートアップ企業を通じ「大学の知」をビジネスに生かす動きが本格化。多くのノーベル賞受賞者を輩出し、自然科学分野の基礎研究に定評がある京大を核として「起業の都」に新たな波が起きている。

iPS細胞技術でがん治療

「製薬大手は大量生産型。ベンチャーだからこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン