/

「政と官 ゆがむ統治」 連載中

(更新)

政と官の関係に世の中の不信が集まっている。日本の政治・行政はおよそ20年、「省益あって国益なし」といわれた縦割りの官僚組織を変え、いかに政治主導を実現するかということに腐心してきた。ところが政治が安倍1強と呼ばれる強さを手にした今、かえって目立ち始めたのは統治のゆがみだ。財務省による決裁文書の改ざん、厚生労働省のデータ不備、防衛省の日報問題――。人事を握られた官僚は首相官邸の顔色ばかりうかがい、政策が滞っていないか。25日(月)にスタートした連載企画「政と官 ゆがむ統治」では、国内外の有識者へのインタビューも織り交ぜながら、長期政権への緩みやおごりが狂わせる政と官の関係を追う。(掲載日時は変更になることがあります)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン