2018年9月25日(火)

金融庁20年新しい使命(上) 終わる平時、異質なリスクに備え

2018/6/22 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 金融庁は22日、前身の金融監督庁発足から20年の節目を迎える。旧大蔵省の接待汚職事件で失った金融行政の信頼回復と、金融再生にまい進。強権的な手法も使い、結果を出した。一方、金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックや仮想通貨などの新金融は増殖し、地域金融の再生もなお遠い。平時は終わりつつあり、異質なリスクへの備えを急ぐ。金融庁の新たな使命は重い。

 「『金融処分庁』と言われて20年。色々な事件が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報