2019年6月18日(火)

防災科研と高専機構が連携・協力協定 人材育成などで

2018/6/21 22:21
保存
共有
印刷
その他

防災科学技術研究所(茨城県つくば市)と国立高等専門学校機構(東京都八王子市)は21日、連携・協力協定を結んだ。防災科研が強みを持つ防災に関する基礎研究と、全国に51校ある国立高専の実践的な技術開発を組み合わせて、人材育成や共同研究などを進める。数年内に防災をテーマとしたロボットコンテストも実施し、研究成果の実用化につなげたい考えだ。

連携・協力協定を結んだ防災科学技術研究所の林春男理事長(右)と国立高等専門学校機構の谷口功理事長(21日、茨城県つくば市)

連携・協力するのは、(1)人材育成や人材交流(2)共同研究の促進(3)研究施設の共同利用――など。

同日会見した防災科研の林春男理事長は「科学技術の実務を担う全国の高専と連携できることは防災科学技術を社会に実装するうえで重要な手段になる」と述べた。

高専機構の谷口功理事長は「防災科研と一緒になることでトップレベルの人材育成や研究レベルの向上ができるようになる」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報