海外修学旅行の死傷事故、小中学生は公的補償なく
名古屋の遺族が訴訟「制度変えるきっかけに」

2018/6/21 20:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

修学旅行先の米国で亡くなった中学生の両親が、公的な補償を受けられないことを不服として裁判で争っている。授業や学校行事での死傷事故に備えた「災害共済給付制度」は海外への修学旅行も補償しているが、まだ事例が少ない中学生は対象外。ただ国際感覚を養おうと海外を行き先に選ぶ中学校も目立ち、専門家は「実情に沿った制度にすべきだ」と話す。

「中学生というだけで対象外なのは、あまりに冷酷だ」。修学旅行中の事故で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]