/

この記事は会員限定です

フランスで急進左派じわり拡大 マクロン氏への反発取り込む 市場は警戒

(グローバルViews)

パリ 白石透冴

[有料会員限定]

フランスで急進左派政党「不服従のフランス」がじわりと支持を拡大している。マクロン仏大統領が労働者の権利制限、社会保障費の負担増などいわゆる右派的な施策を取るなか、社会の不平等に不満を持つ若者や労働者の心をとらえている。同党は欧州連合(EU)懐疑派で、大幅な歳出拡大を伴う社会保障の充実を主張しており、EUや市場には警戒が広がる。

「やつらが考えるのは金のことだけ! やつらを排除しろ!」。不服従のフラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1558文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン