「貨物輸送の収益を拡大」JR貨物の真貝社長会見

2018/6/21 17:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR貨物は21日、真貝康一氏(63)の社長就任会見を開いた。民間出身者が同社の社長に就くのは初めて。真貝新社長は会見で「経営をスピードアップし、確固たる経営基盤を築きたい」と抱負を語った。トラック運転手の人手不足が指摘されるなか、鉄道貨物輸送の業績を安定的に伸ばしていくことが課題となる。

田村修二会長は真貝氏を後継社長に指名した理由について「広い視野で物事を判断し、決断力がある」と話した。

真貝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]