最新ニュース

フォローする

多彩な攻撃も無得点 モロッコ美しく散る

2018/6/21 17:30
保存
共有
印刷
その他

前半、ポルトガルのベルナルド(左)と競り合うモロッコのハキミ=三村幸作撮影

前半、ポルトガルのベルナルド(左)と競り合うモロッコのハキミ=三村幸作撮影

後半追加タイムのオウンゴールでイランとの初戦を落とし、続くポルトガル戦は開始4分にロナルドの先制パンチを浴びた。180分で失ったのはこの2点。その間、モロッコは相手ゴールを一度もこじ開けられず、20年ぶりのW杯は早々と敗退が決まってしまった。

短くも中身の濃い時間だったといえる。特に後のほうの90分は。得点にならずとも、モロッコの多彩な攻めは守備偏重のポルトガルのサッカーを退屈に見せたほど。「我々にもフットボールができることを示せたと思う」。ルナール監督の述懐は、選手たちの高度なスキルからすると控えめにすぎるものだった。

どの選手も優しくボールを手なずける。左利きのジヤシュはキックの球筋が美しく、N・アムラバトの突破もどこかまろやかなテイストだ。

北アフリカをルーツとするフランスの巨人ジダンにも通じるこれらの技芸は、「ボールは友達」のレベルを超えて「ボールは恋人」の領域に近づきつつあるような……。

うらむらくはトップに人がいなかった。イラン戦は新鋭カアビが、ポルトガル戦は予選に功のあったブタイブがFWで先発したが、いずれも力不足。ポルトガル戦の57分、最もゴールに近づいたベルハンダのヘディングもGKルイパトリシオの右手に防がれた。

敗れて拍手を送られたグッドルーザーの姿に、ふと「ロナルド以前のポルトガル」が思い出された。中盤にルイコスタやフィーゴら花形選手をそろえた1990年代のフル代表が。王冠と無縁だった彼らが去った後、ポルトガルは堅い守備とロナルドの決定力を押し立てて、2016年欧州選手権優勝の道をつける。

「モロッコの攻勢には驚いた」。ロナルドの感想は率直だった。この日、ポルトガルが彼らに見たものは、王冠をかぶる過程で自分たちが失った美しさではなかったか。

(モスクワ=阿刀田寛)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

注目の監督・選手のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]