/

この記事は会員限定です

婦人画報、アマゾンのAIスピーカーに京都の音を配信

[有料会員限定]

出版社のハースト婦人画報社(東京・港)は21日、米アマゾン・ドット・コムの人工知能(AI)スピーカー向けに音声コンテンツの配信を開始した。癒やしを求める読者を対象に、京都の有名な寺などで録った音を配信する。同社が音声コンテンツを手がけるのは初めて。新しいデジタル技術による情報配信に取り組むことで、雑誌のブランド力向上につなげる。

清水寺の早朝の鐘、嵐山の川下り、茶屋での三味線、嵯峨野の竹林などの音...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り355文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン