2019年6月20日(木)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

ラグビー近鉄、トップリーグ復帰へ挑戦の日々
新指揮官に有水氏、連動性磨く

2018/6/23 6:30
保存
共有
印刷
その他

ラグビーの近鉄が新シーズンへ始動した。昨季はトップリーグ(TL)で最下位に終わり、下部のトップチャレンジリーグに降格。ラグビー部創部90周年となる2019年をTLで迎えるべく、チームは外部の人材に再建役を託した。

昨季はシーズン後半にかけ神戸製鋼や東芝に6連敗。総合順位決定トーナメントで2戦2敗し、最下位とトップチャレンジリーグへの降格が決まった。

有水HCはかつてのチーム文化の復活を目指す=近鉄ライナーズ提供

有水HCはかつてのチーム文化の復活を目指す=近鉄ライナーズ提供

坪井章監督が退任し、新たにヘッドコーチ(HC)に就任したのは早大や日本国土開発でプレーした有水剛志氏。引退後は早大とU-20(20歳以下)日本代表でFWコーチを務めた。直近では女子15人制日本代表のHCとして17年、チームを15年ぶりのワールドカップ出場に導き、日本ラグビー協会が今年創設した指導者の表彰制度で日本代表カテゴリーコーチ賞を受賞している。

有水HCが昨季の近鉄の戦いを検証した感想は「グラウンドにいる15人がばらばらだった」。あっさりボールを奪われる場面が多く、継続性に難があった。

原因を「セイムピクチャー、同じ絵を見られていなかった」と指摘する。局面ごとに有効な攻め方はこれだという「絵」を15人が共有していれば、少々パスが乱れようが長くボールを保持できるはず。そこで攻撃が途切れるのは意思疎通ができていなかったから。強みであるスクラムの質の向上といった具体策の前に、全員があうんの呼吸で動く連動性の醸成を目指す。

就任後、選手全員と個人面談した有水HCは近鉄の選手について「よくいえば素直。悪くいえばおとなしい、受け身」との印象を持った。首脳陣の指示を守る従順さは長所だが、自ら判断する能力が足りないと映る。自主性や判断力の乏しさが、同じ絵を描けない背景にある。

女子15人制日本代表を率いた当初、平気で菓子を食べるなど無自覚だった選手に有水HCは「ナショナルチームとしての文化をつくる」ことから手をつけた。その姿勢は現在にも重なるといえる。そもそも近鉄はかつて全国社会人大会を8度制し、強豪とうたわれたチーム。自主性や強い団結といった当時の文化を取り戻せば、輝きも戻るはずだと信じている。

近鉄OBでない日本人が実質的な指揮官を務めるのは、06年度から2年間HCを務めた浜村裕之氏以来、2人目。「大きなやりがいとプレッシャーを感じている」と話す有水HCが率いるトップチャレンジリーグでの戦い。1年でのTL復帰へ、まさに挑戦の日々となる。

(合六謙二)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
JICAや同大が実施した現地調査の様子(2月)

 同志社大ラグビー部がインドで競技の普及支援に乗り出す。3月29日に国際協力機構(JICA)と連携に関する覚書を締結。今冬から、選手らラグビー部関係者を現地に派遣するプログラムを実施する。
 選手らはJ …続き (5/12)

天理大は反撃も実らず初優勝を逃した(1月12日)=共同共同

 ラグビーの全国大学選手権で天理大が準優勝を果たした。大会9連覇中だった帝京大を準決勝で破っただけに、初の頂点を逃した失望感は大きい。ただ、大学ラグビー界に「関西勢ここにあり」というところを示した点で …続き (2/9)

入団会見で福本チームディレクター(左)と撮影に応じるカーター(7月16日)

 スポーツ界で今、最も熱い土地といえば神戸だろう。サッカーJ1の神戸に加入した世界的名手、アンドレス・イニエスタが7月22日に日本デビュー。そのイニエスタに劣らぬ名声を誇る大物が、時を同じくしてラグビ …続き (2018/7/28)

ハイライト・スポーツ

[PR]