首相、ブロック塀倒壊現場で黙とう 大阪北部地震

2018/6/21 13:30
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は21日、大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震の被災地を訪問した。茨木市や高槻市で小学校のブロック塀の倒壊現場、仮設浴場、避難所を視察した。

高槻市立寿栄小学校では、登校中だった4年生の児童がブロック塀の倒壊で死亡した。首相は校門前の献花台に花束を手向け、倒壊現場で黙とうをささげた。塀は建築基準法に適合していなかったため、政府は全国の学校にブロック塀の緊急点検を要請している。

茨木市内では自衛隊が設けた仮設浴場を見学した。ガスが止まり自宅で入浴できない近隣住民らのため、テントの中で浴槽とシャワーを利用できる。浴場を訪れた男性に首相が「ゆっくりしてください」と声をかける場面もあった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]