最新ニュース

フォローする

ディエゴコスタが決勝点 イランの堅守破る

2018/6/21 7:00
保存
共有
印刷
その他

後半、先制点を決めたスペインのディエゴコスタ(手前)に抱きつくイスコ=沢井慎也撮影

後半、先制点を決めたスペインのディエゴコスタ(手前)に抱きつくイスコ=沢井慎也撮影

4-5―1という3列の布陣を示す数字が意味を持ったのは試合の冒頭部分だけだった。初戦で1勝の貯金を手にしたイランは、なりふり構わず勝ち点をもぎ取ろうとした。1トップのアズムンまでしばしば守りに加わり、自陣深くに守備の塊を築いた。

ポルトガルの勝報を知った上での負けられない戦いで、スペインはいつもどおりのパスワークを貫いた。縦横にボールを動かし、根気よくこつこつと塊に亀裂を入れていく。耐えるイラン、うがつスペイン。対照的な両者の姿勢が興趣をどんどん盛り上げていく。

後半の立ち上がり、大きなチャンスを立て続けに逃し、スペインに嫌な空気が流れた。その直後だった。イニエスタの突破が鑿(のみ)となってイランの守りに突き立てられたのは。

ボールを奪いに出てくる相手の足先をかすめながらボールを運び、自分に視線を集めながら、マーカーを外す動きをしたディエゴコスタにジャストのタイミングでラストパス。54分に生まれたこのゴールでスペインの憂色は一気に晴れた。

もっとも、試合はここからさらに白熱した。それまで、ボールに汗をかかせるのはスペインで、イランは人が汗をかくばかりだった。しかし、先制されて態度を一変。同点にしようとゴールを求めたイランは、ここから人とボールを能動的に動かす戦いに転じた。

その攻めは必死の迫力に満ちたもので、FKから雪崩を打つようにゴール前に飛び込んで一度は同点にしたかに見えたシュートもあった(判定はオフサイド)。

「クリアなチャンスが3回はこちらにもあった」と悔しそうなイランのケイロス監督。必死の抵抗に遭ったスペインのイエロ監督は「本当にタフだった。W杯に簡単な試合は一つもないね」。

とにもかくにも勝ち点3を積み上げた。ポルトガルと首位に並んだスペインのイエロ監督は「勝つことで改善のスピードは上がる。より自分たちを信じられるようにもなる」と1勝の価値を重々しく語った。

(カザン=武智幸徳)

最新ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

W杯関連のコラム

電子版トップスポーツトップ

最新ニュース 一覧

フォローする
サッカー日本代表コーチで、東京五輪男子代表監督の森保一氏=共同共同

 日本サッカー協会は20日、次期日本代表監督を議論・推挙する技術委員会を開き、関塚隆・技術委員長に選任を一任した。東京五輪男子代表監督の森保一氏(49)が最有力候補で、26日の理事会での承認を経て正式 …続き (2018/7/20)

 日本サッカー協会は20日に東京都内で技術委員会を開き、東京五輪男子代表の森保一監督(49)が最有力候補となっている次期日本代表監督などについて議論する。委員会を経て、年齢制限のない日本代表と原則23 …続き (2018/7/19)

優勝を果たし、喜ぶエムバペ(左端)らフランスの選手=三村幸作撮影

 ロシアで開かれたワールドカップ(W杯)は、サッカーにまつわる様々な常識が揺さぶられ続けた32日間だった。
 優勝したフランスのデシャン監督も「このようなW杯は記憶にない」と話した。「タフでインテンシテ …続き (2018/7/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]