2019年9月19日(木)

浜松ホト・昼馬元会長お別れの会、光技術に大きな足跡

2018/6/20 21:36
保存
共有
印刷
その他

浜松ホトニクスの創業者の1人で、3月29日に91歳で亡くなった昼馬輝夫・元会長兼社長のお別れの会が20日、浜松市内のホテルで開かれた。ノーベル賞受賞者や政財界の関係者など約300人が参列し、光技術分野に大きな足跡を残した故人をしのんだ。

ノーベル賞の小柴氏、梶田氏ら約300人が参列(20日、浜松市のホテル)

昼馬氏が開発を主導した大型の光電子増倍管を使った観測装置「カミオカンデ」で素粒子ニュートリノの観測に成功し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴昌俊・東大特別栄誉教授は「一緒に夢を追った戦友」と振り返った。

15年にノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章・東大宇宙線研究所長は、性能を追求する昼馬氏の存在がなければ「ニュートリノの研究で世界の先頭を走ることはできなかった」と語った。長男の昼馬明・浜松ホト社長は「91年の素晴らしく充実した人生で、今日はその人生を祝って頂きたい」と締めくくった。静岡文芸大の有馬朗人理事長が実行委員長を務めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。