2018年7月23日(月)

発毛成分、効果的に毛根に 近畿大が新技術

コラム(ビジネス)
ヘルスケア
科学&新技術
2018/6/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 近畿大学の長井紀章准教授らは、育毛剤の成分を効果的に毛根に届ける技術を開発した。発毛成分のミノキシジルを200ナノ(ナノは10億分の1)メートルほどの微粒子にして水に混ざりやすくすることで、毛根により多くの成分が浸透して効果が高まる。成分の濃度も市販品よりも高められるという。マウスを使った実験では、市販品よりも早く毛が生えた。より大型の動物でも実験し、医薬品企業と組んで実用化を目指す。

 ミノキシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報