済州島にイエメン難民続々 就業や医療支援、反発も

2018/6/20 19:12
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=共同】内戦下のイエメンから戦火を逃れた500人以上が、韓国のリゾート地・済州島に相次いで入国し、難民申請している。韓国政府は就業や医療の支援に乗り出したが、受け入れの再考などを求める請願に30万人が賛同、反発も広がっている。

韓国の法務省によると、1月から今月中旬までに済州島で難民申請したイエメン人は549人に達した。済州島は観光促進のため多くの外国人がビザなしで一定期間の滞在が可能で…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]