/

この記事は会員限定です

大成建設、病院の電波診断 機器の誤作動防止

[有料会員限定]

大成建設は病院内の電波環境を「見える化」できる技術を開発した。3次元(3D)データによる設計技術を応用し、スマートフォン(スマホ)などの影響で医療機器が誤作動するリスクを評価する。新設する病院の設計のほか、既存の病院の電波環境を改善するコンサルティングにも活用する。

新技術はコンピューター上で柱や壁、ドアなどの3Dデータを組み合わせ、仮想の建物モデルを作るBIM(ビルディング・インフォメーション...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン